本文へ移動

社員ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

八王子市役所にて耐震フェアに参加致しました!

2019-09-03
令和元年9月2日、3日の2日間、八王子市役所にて耐震フェアに参加致しました!
 
池田工務店では、耐震診断や改修工事に関してましても、臨時ご相談を受け付けております。
八王子市では、居住環境整備補助金という制度も対象であれば、適用される場合もあります。
 
※補助金適用の詳細につきましては、八王子市役所のホームページをご覧頂くか、私たちでも
ご説明致します!
お気軽に下記の『お問い合わせフォーム』かお電話にてお問合せ下さい!

施工ブログ ~木造住宅ができるまで~ No.5 キッチン編

2019-04-10
ご無沙汰しております。
 
またまた久々の投稿です。
今回は、キッチン編ということで、前回の物件のキッチンを簡単に紹介したいと思います。
 
この物件のキッチンは、完全オーダーメイドとなっており、合わせて2階の洗面室の洗面収納台と
共に、クチーナというメーカーに製作してもらいました。
最近では、芸能人のヒロミさんがクチーナのショールームに出向いて奥さんのためにオーダーメイド
しているのをテレビで放送していました。
お値段は、オーダーメイドなので正直高値ですが、建物にライフスタイルに合わせた理想のキッチンが
できるのが利点です。
もちろん天板や収納扉の色や中の使い勝手も自由に選定することが可能です。
 
一生に一度のマイホームですので、旦那さんの夢は半分にして奥さんに計上してみてはどうでしょうか。
 
興味ある方は、ホームページへ
 
 

施工ブログ ~木造住宅ができるまで~ No.4 上棟編

2018-11-22
こんにちは!
 
また大分時間が空いてしまいました。。。
やはり現場をやりながらはきついですね。。。
IT担当がほしいくらいです!
 
本題ですが、現在注文住宅を施工中で、施工ブログはその住宅に沿った内容にしております。
 
今回は、建物が無事上棟したので上棟編となってます。
 
最近は、上棟と言っても形だけでほとんど何もせず現場は進んでいくと思います。
 
昔は上棟式というものがあり、屋根から小銭が入った袋とお菓子などが配られ、近所の子供たちが集まって
 
みんなで酒を酌み交わし大々的にお祝いしたと当時の方々に聞きました。
 
最近は、近所付き合いも少なく、そういう風景は見なくなったと思います。(自分も見たことありませんが。)
 
また、サザエさんのような近所付き合いができる時代がきてくれれば嬉しい限りですが。
 
話は変わりますが、前回ブログに投稿した断熱材ですが、12月6~8日の三日間で壁・天井の吹込み施工予定です。
 
こちらの物件は、完成してからもモデルハウスとして公開予定となっております。
 
まだ、八王子での施工実績が少ないので、貴重な断熱工法の施工状況をご見学頂けます。
 
是非、お時間がある方は、足をお運びください。
 
現場名:暁町の住宅新築工事
 
日時:12月6日~8日 10時~15時の間(※12時~13時はお昼休憩となりますの作業は行っておりません)
 
場所:弊社に直接お電話頂くか、HPの問い合わせでもfacebookからでもご連絡頂ければと思います。
   本社電話番号:042-642-5958
         HP問合せ:http://www.ike-kou.co.jp/publics/index/29/#page29
         facebookpage:https://www.facebook.com/ikekou25/
 
施工方法を知りたい方は、下記ホームページへアクセスお願いいたします。
   断熱材施工店HP:https://www.decos.co.jp/
 
よろしくお願いいたします。
 
 

施工ブログ ~木造住宅ができるまで~ No.3 断熱材編

2018-09-18
こんにちは!
 
先日、デコスという断熱材を作っている工場へ見学させて頂きました。
 
今回は、セミナーと工場見学で説明等を受けた話を交えながら断熱材についてお話致します。
 
断熱材は、天井から壁、床まで基本は外壁に面した部分に施工致します。
 
種類としては、住宅では一般的なグラスウールの鉱物系、鉄筋コンクリート造に多いポリスチレンやウレタンなどの
 
石油系、自然素材のセルロースファイバーやウッドファイバーなどがあります。
 
それぞれの断熱性能として、ほぼ変わりはありません。
 
しかし、「性能=品質」ではなく、「断熱性能=断熱材品質×施工品質」というのが裏にはあります。
 
わかりづらいですが、施工品質とはいわゆる施工管理者や職人の腕次第ということです。
 
特に、グラスウールに関しては、材料を搬入して大工さんが施工するだけで、保証等基本的にありません。
 
きれいに施工したとしても給排水配管やコンセントボックスなどの周りは充填が十分でないことがあります。
 
ウレタンに関しては、専門業者が吹付で均等に吹付しますが、最近某建設現場であった火事のように
 
耐火性がないことが記憶に新しいかと思います。
 
それぞれの欠点を言うのは簡単ですが、しっかり施工してそれなりの対策を施している施工業者で
 
あれば上記の仕様でもまったく問題はありません。
 
これからお話するのは、私がおすすめする断熱材です。
 
それは冒頭でも書きましたが、自然素材系のセルロースファイバーです。
 
自然素材系とは、元々、木から作られる新聞紙をリサイクルして生成したものです。
 
セルロースファイバーの特徴(株式会社デコス)
 
1.認定技術者による、責任施工
2.新聞紙のリサイクルで環境・身体にやさしい
3.高い断熱性能
4.調湿効果がある
5.グラスウールより優れた吸音効果がある
6.難燃性があり、有毒ガスを発生しない
7.結露しにくい
8.冷暖房費を抑えられる
9.ホウ酸効果による防カビ・防虫性がある
10.無結露20年保証制度がある
※あくまで一定の施工基準を満たした場合です。
 
文章で伝えるのはなかなか難しいので、詳しく知りたい方は資料をお送りいたします。
デコスさんのホームページに動画で詳しく紹介されているので、そちらでもいいかと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

施工ブログ ~木造住宅ができるまで~ No.2

2018-09-18
こんにちは!
 
今回は、先日行われた「地鎮祭」について投稿致します。
 
地鎮祭とは、簡単に言うと工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。
 
現在は、建売はもちろんですが、儀式を行わないことが多くなってきています。
 
弊社では、強制ではありませんが、お客様におすすめは致します。
 
特に儀式をすれば絶対大丈夫という保証はないので、あくまで気持ちの問題です。
 
しかし、地鎮祭を行えば、「これから始まるんだ!」という一つの区切りになります。
 
儀式というと重々しく感じるかもしれませんが、気楽に考えて頂ければと思います。(神様に怒られそうですが。)
 
本来良くはないと思いますが、儀式中も写真を撮っても大丈夫です。
 
自分自身の地鎮祭ですので。
 
一つだけ、少し人前が苦手な人には緊張する場面かと思うものもあります。
 
儀式の途中に、地鎮の儀というものがあり、設計者、お客様、施工者三者にて、「鎌」、「鋤」、「鍬」入れを
 
「えい、えい、えい」と大きな声で掛け声をしなければなりません。
 
家を建てるのは、ほとんどの方が一生に一度だと思います。なので、地鎮祭も一度しか体験できません。
 
お子様がいれば、儀式を見ることはよい経験になると思います。
 
儀式を行う日は、大安や先勝の午前中で行うのが一般的です。
 
なので、工事の工期やお客様の都合等で予定が合わない場合もあります。
 
詳しい内容は、ネット検索すれば出てきますので、そちらでお願いいたします。
 
次回は、断熱材について投稿致します。
 
よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
株式会社池田工務店
〒192-0034
東京都八王子市大谷町44-4 TEL.042-642-5958
FAX.042-645-1156
建築一式
木造建築
S造・RC造
耐震リフォーム
TOPへ戻る